犬の椎間板ヘルニア|痛みを理解して正しく治療

ホスピタル

選ぶときにはネットで

動物病院

犬の病院を検索しようとしたとき、まずはインターネットで口コミ情報などを見て、待ち時間などを参考にするといいです。大阪では、わりとシステム化されてきた病院も増えていて、待ち時間をなるべく少なくするように対策しているところも多いです。

読んでみよう

ペットを病気から守ろう

犬

初期症状に注意しよう

椎間板ヘルニアとは、人間だけでなく犬もかかりやすい病気です。これは加齢や日頃の激しい運動から引き起こされます。全力疾走や階段の上り下りなどは犬の体に負担をかけます。特にミニチュアダックスフント、狆、パグ等の小型犬種に多く見られる病気です。椎間板ヘルニアは、脊髄の骨のクッションの役割を果たす椎間板が損傷して中の髄核が飛び出すことで起こります。その髄核が神経を圧迫して痛みや麻痺を引き起こすのです。最初は痛みのせいで触られたりするのを嫌がったりします。そのうち麻痺などで足を引きずったりしだします。重症になると排尿や排便が困難になり半身不随におちいったりする怖い病気です。普段から犬の様子を見守り、かすかな変化も見逃さないよう注意することが大事です。

異変を感じたら病院へ

椎間板ヘルニアは、初期症状の場合は内服薬で治療することができます。しかし重症になると椎間板から飛び出した髄核を切除することになります。これは骨を切除する場合が多く犬にとっては大変な負担です。手術のあとも歩くためのリハビリが必要になってきます。また後遺症が残る場合もあります。椎間板ヘルニアの予防は、普段犬の生活する部屋などにカーペットなどを敷いて歩く時の負担を少なくします。また、全力疾走や階段の上り下りはあまりさせないほうがいいでしょう。それには飼い主の言うことをよく聞いて落ち着いた行動ができるように訓練することも必要です。かわいいペットを病気のリスクから守るのは飼い主の責任です。そして、なにより異常を感じたらすぐ病院へ行くことが大切です。

最新の設備を持つ病院

クリニック

千葉は関東を代表する都市であり、多くの人口がいます。そのためペットの数も多く、病気に対応してもらうことができる動物病院も数多くあります。動物病院を探すときにはインターネットや医師の紹介などが頼りになります。

読んでみよう

事前の確認が大切

フェレット

フェレットはしなやかな外見と頭のいい愛嬌のある性格、飼育しやすいサイズなどからペットとして飼育されることが増えている動物です。まだ解明されていない生態などもあるので、専用の餌やフェレットを専門的に診てくれる病院などを事前に確認する必要があります。

読んでみよう